こんばんは!かたくりこです。

最近少女マンガ(主に白泉社のファンタジー系)にハマっているのですが、読んでいて気になったことがあります。それは…

zangyo_170611_1
というわけで、現在連載中の少女マンガ約200作品のヒロインの職業を調べたよ!
(どんだけヒマなんや!と思うやろ?どっこい、納期間近の仕事をほっぽって調査したよ!人はそれを現実逃避と呼ぶ)

さて、現在発行されている少女マンガ雑誌と発行部数はこちら。

zangyo_date_1
「ちゃお」すごいな!小学生女子がこぞって買ってるのかな?

これらの雑誌で連載されている作品を洗い出し、ヒロインとヒーローの職業をひとつひとつ調べてエクセルにまとめました。その一部↓

zangyo_date_2
ウィキペディアベースのデータなので少々間違っているかもしれないけど、別に国会とかに提出するわけじゃないから気にしないぞ☆

そしてカテゴリに分けてグラフ化したのがこちらです。

図1:少女マンガのヒロインの職業
zangyo_date_3
圧・倒・的・学・生!!

そりゃそうだ…
少女マンガだもんな…
 
「動物」とか「妻」とか気になるワードもありますが、この中から「普通の職業」…つまり現代日本に存在する職業の内訳を見てみたいと思います。(なお「特殊な職業」というのは、ヴァンパイアや陰陽師や魔女や怪盗のことです。)

図2:少女マンガ内で普通に働いている人の職業内訳
zangyo_date_4
なるほど、少女マンガでよくある職業No.1は芸能人か!さもありなん。

薬剤師もそれなりの比率がありますね。

しかしそれよりも多いのは家政婦…家政婦…(・∀・)?

zangyo_170611_2
こちらからは以上です!
が、調べているうちに面白そうな少女マンガがいくつかあったので、ついでにご紹介します。

町田くんの世界

物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。その理由とは…? 別マの新感覚連載、必見の第1巻です!!

劉備徳子は静かに暮らしたい

三国志の英雄が高校生に転生!!忠誠心や敵対心が、現世では恋心に……なる!?魏・呉・蜀の三国時代、信念を胸に戦い倒れた武将達……であったが、なぜか日本に転生!!しかも、曹操・孫権・劉備は女子高生に!? 歴史も楽しめる(!?)新感覚ラブコメ!

女王の花

亜国(あこく)の姫でありながら冷遇されている亜姫(あき)。幼いながらも母の世話をしながら、明るく生きる亜姫はある日、金の髪と天の色の眼(め)を持つ奴隷の少年・薄星(はくせい)と出会う。境遇の違いを超えて、強い絆(きずな)で結ばれる二人だったが、その先に待っていたのは…!?

嘘解きレトリック

時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!?

おちくぼ

時は平安、京の都。中納言家の姫は生母が亡くなったのを機に、義母の北の方に引き取られるも、イビリの毎日!挙句、付けられた名前が「落窪(おちくぼ)の君」…。姫の乳兄弟・あこきは、そんな北の方のイジワルに怒り心頭!姫の玉の輿を計画し始めた矢先、都イチのプレイボーイ・藤原道頼が姫に興味を…!? 平安時代の名作「落窪物語」を、「なんジャパ」の山内直実がコミカルに描く、平安版シンデレラストーリー!

水玉ハニーボーイ

強さを求めてひた走り、「侍」の異名を持つ剣道部主将・仙石芽衣。女子力高く仕草や口調は女の子、女装も辞さないオネエ男子・藤司郎。真逆の2人だけど、オネエ男子が侍女子にまさかの恋。告白攻撃を侍女子が叩き斬る!? 「新しい扉、開けるわよ。」ツッコミ不在(!?)のハイテンションラブコメ!!

パレス・メイヂ

貧乏貴族の実家を救うため、帝の暮らす宮殿「パレス・メイヂ」に仕えることになった14歳の御園公頼(みその きみより)。ある時、帝の画帖が破られる事件が起き、御園に嫌疑が…!?

マダム・プティ

時は1920年代末。16歳の万里子は父の借金を返済してもらうのとひきかえに、幼少時からの憧れで、30歳も年上の俊と結婚、オリエント急行の旅に出る。しかし翌朝豪華絢爛な車中でインド人青年のニーラムらと出会った翌朝、思いがけない悲劇が万里子を襲う…!
どうしても歴史もんに寄ってしまいがち…(年なもんで)。
あとまだ単行本は出てないんですが、すごい気になる少女マンガが2つあります。

原始人彼氏

彼氏がモロに原始人


カクカイのプリンス

角界のプリンス。試し読みで盛大に吹きました。
今回だいぶ長くなっちゃった!
ではまた。


↑ 応援ポチお願いします 

▼読者登録してね


▼お気軽にフォローミー
Twitter Facebook Instagram Google+

育児日記もよろしくドーゾ
▼過去のマンガ
bnr_treatment
ninpu

総合info・お問い合わせはコチラまで