ぶらっく企業だいありー

ブラック企業でのお仕事体験談マンガ

2016年10月

今週は時間の都合によりモノクロでお送りします。 ご要望があったので描いてみたガチブラックな話です。こんな感じの笑い話で済まされないような話もいくつかありますが、たぶんもう描かない、つか描けない。***

続きを読む

なんか流派が違うと、プログラムの組み立て方とか、コードの書き方とか、いろいろ違うのでやりにくいそうなんですが……流派って何?◼︎システム屋さんシリーズ・「修正」ではない。「変更」だ。・後輩への仕事の教え方・語尾を伸ばさない人々*** 

続きを読む

嘘みたいですが実話です。「仕事」というのもホントなのですが、言い訳すればするほど、どんどん怪しくなっていくという…(´・ω・`)※補足※マンガの中で描くの忘れたので補足すると、PCつないでスクリーンに投影したらこれが出てきた…という状況です。てかこれを描き忘れ

続きを読む

なんか「最後」ってさみしいので、「この部署でわたし最後じゃない」からはじまり、「このフロアでわたし最後じゃない」、「このビルでわたし最後じゃない」、「この駅周辺でわたし最後じゃない」というように、どんどんボーダーラインを下げて喜ぶようになります。

続きを読む

まだどこの会社の色にも染まっていない純真無垢(?)な新卒の人たちは、会社(経営者側)にとっては特別な存在。俺色に染まれ的な、そんな感じの期待をかけられています。結構重たいですよね。内定式からはじまり、内定者研修、フォローアップ、入社式、研修、懇親会等々に

続きを読む

そもそも白米って、炊きすぎてもダメだし、炊かなすぎてもダメだしで、調整が難しいらしいんですが、炊くのを忘れると大惨事になるそうです。(ので、炊き忘れたやつは恨まれる)お店によっては、さとうのごはんみたいな真空パックごはんを予備として置いているところもある

続きを読む

↑このページのトップヘ