こんばんは、かたくりこです。
今日はQ&Aコーナー「教えて!ブラックくん」+ライブドアブログ忘年会の話④をお送りします(・∀・)つ
【Q】
こんにちは!いつも楽しく読ませて頂いてます。

私は自他共に認めるホワイト企業に勤めているのですが、1つだけとても疑問なところがあります。
とてもホワイトな会社なので不満などは無いのですが、どうも腑に落ちなくて…。

夏祭りやクリスマスパーティなど、会社主催のイベントにおいて、若手社員と担当部署が問答無用で駆り出されます。
その際にはタイムカードを切り、ボランティア状態です。
この拘束状態は何故勤務に入らないのでしょうか…?

組合主催のイベントではないですが、組合を間に介すことでボランティアでもよくなっているのかなど、是非教えて頂きたいです。

(みみさん)
まずは、まさ先生の回答からどうぞ!
icon 社会保険労務士 まさ先生 より

社員が会社主催のイベントの手伝いをする場合、この拘束時間が「労働時間」と言えるならば、ボランティアではなく、会社は賃金を支払わなければなりません。

では、労働時間とは、どういった時間を指すのでしょうか。

労働時間とは、社員が会社の指揮命令下に置かれている時間をいいます。

そして、労働時間に該当するか否かは、労働契約や就業規則などの定めによって決められるものではなく、客観的に見て、社員の行為が会社から義務づけられたものといえるか否か等によって判断されます。

会社から義務付けられているかどうかが、大きなポイントです。

みみさんがボランティアでお手伝いされている時間は、ひょっとしたら労働時間にあたるかもしれません。
会社からの義務だったら給料が支払われるべき!
ということですね。

ブラックくんからは別観点の話をば。
zangyo_171226_1
ぜんぜん関係ないですが、トヨタには社員駅伝大会があるそうです。

***

ライブドアブログ忘年会④の記事リンクはこちらの方々です!チラチラ映ってるので見てみてね!

名称未設定-1

新着情報_2


▼更新通知をLINEでお届け


▼お気軽にフォローミー
Twitter Facebook Instagram

 お仕事のご依頼はこちら