作者が2年前に行ったロシア旅行の話です。

<ロシア旅行記シリーズ>
GW特別編!社畜のロシア旅行記
GW特別編!社畜のロシア旅行記2:弾丸ツアーの中身
GW特別編!社畜のロシア旅行記3:エルミタージュ美術館
GW特別編!社畜のロシア旅行記4:サンクトペテルブルク観光

160506

わたしは「ピロシキ」も「ボルシチ」も、名前を聞いたことある程度の知ったかだったもので、ピロシキはカレーパンっぽいもの、ボルシチはクリームシチューっぽいもの、と勝手に思ってました。

なので、このボルシチの外観をみたとき、

「あ、赤い…!シャア専用か…?!」

と、衝撃を受けました。

「海外・毒々しい色・食べ物」という3ワードが揃うと、われわれ日本人は条件反射で「やってもうた!」と思うものですが、さらに上に乗っているものが ”サワークリーム"だと聞いたときには、もう詰んだと思いました。

しかし、おそるおそる口に運んだボルシチは、予想に反して大変美味しゅうございまして、ガイドさんに聞いてみると、ビーツのスープだということでした。

発音もボルシチではなく「ボルシュ」というのだそうです。(では日本語の「シチ」はどこから来たのかだろうか?謎。)

2コマ目のロシアンコロッケにはクランベリーソースが添えてあり、日本人には到底理解できない、あの「肉類×甘いソース」という海外独特のマズそうな組み合わせだったのですが、実際食べてみると意外と合うわコレ〜(キラリ)みたいな、美味な一品でございました。

ビーフストロガノフは、日本でもおなじみの料理ですが、ロシア発祥とは知りませんでした。ロシア貴族のストロガノフ伯爵のお家に伝わってた料理だそうで、ストロガノフさんが住んでいた家も観光しましたよ。

よく海外のメシはマズイと言われますが、ロシアめしは、どれもとても美味しかったです!

★お気軽にフォローミー
Twitter:@katakrico
Instagram:@katakrico

★こちらも更新中!
4コマ妊婦生活
4コマ漫画でつづる妊婦生活体験記。