IMG_0222

ひさしぶりにご質問をいただきました。

株式会社で年商3、4億と言うのは規模としては小さい方でしょうか? 

というご質問です。
ありがたや〜ありがたや〜

ご本人様にはすでにコメントをお返ししてますので、ここでは一般論を書きたいと思います。


世の中の80%以上の会社は年商5億以下
単純に年商として多いか少ないかでいきますと、わたし個人の感覚では年商3〜4億というのは"普通"、強いていうなら中の上くらいと思います。 帝国データバンクの資料によりますと、世の中の会社の80%以上が年商5億円以下となっていますので、その中でも上位にいる方ではないでしょうか。


年商が多い=儲かっているとは限らない
ただ「年商が多い=儲かっている」とは限らず、儲かっているかどうかは、業態や社員数などによって異なります。

わたしがいるIT業界は人件費がメインですので、もし自分が所属している会社の社員数が5名で年商3億円だと聞いたら「うおおお儲かってんなー!ボーナス クレクレ!」と思います。
もし社員数が30名で年商3億だったら「普通かな」と思います。
社員数が100名で年商3億だったら「…うちの会社、大丈夫だろうか…」と思います。

物を売る商売をされている所はもっとシビアで、仕入コストがかかりますから、社員数が同じでも、IT業界よりも儲けは少ないということになります。

よくテレビや雑誌などで「年商1億円の会社の社長」とか「年商10億のカリスマ経営者」という表記があって、「すげー!儲けてるんやなー!」という感じがしますが、実際のところは年商100億円の会社でも、赤字経営になっていることがあるそうです。

年商よりも利益を見るといいけれど…
儲かっているかどうかを知るためには、年商(売上高)からコスト等を引いた純利益の方を見た方が、わかりよいかと思います。

利益は決算報告書に書かれていますが、これを社員に積極的に公開している中小企業(上場してる企業は除く)は見たことがないですし、年商すら公表しないところもあります。
もし自分の会社の売上高を秘密にされるようでしたら、そこはお察しということですね。

なお、一社員がどうしても決算書を見たい場合は、帝国データバンクで見れることがあります。
あと一応、貸借対照表だけは、会社法で社員への告知義務があるそうなので、うまくいけば見せてもらえるかもしれません。(代わりに失うものがありそうですが…)


+++ Q&Aコーナーの質問募集 +++
10年以上のブラック企業勤務経験をもつ作者が、上記のような感じで、意外とまじめにお答えいたします。ご質問はメールフォームか、てきとーなページのコメント欄でお寄せください!


<ついつい気になる年商タイトル>

<お知らせ>
4コマ「不妊治療、はじめました。」がマイナビウーマンに掲載されました。
http://woman.mynavi.jp/outline/160715-251/


★お気軽にフォローミー

Twitter:@katakrico
Instagram:@katakrico

★こちらも更新中!
日刊かたくりこ
4コマ漫画とレビューなどの詰め合わせ
かたくりこの4コマ育児日記
育児4コマ漫画