最近読んだ漫画のレビューです。

月と指先の間 1〜2巻

50代の独身少女漫画家の実態を赤裸々に描いた漫画家漫画。こんなにゆるふわな絵だけど、中身は燃えよペン。もしくは漫勉。 ネームのやり方から1ヶ月の経費内訳までわかるという、絵で食べていこうという人は読むべき漫画です。

初恋の世界 1巻

西炯子先生の新作漫画。「姉の結婚」に続いて今回も出てくるのは、カフェ店長のアラフォー独身女性。昔想像していた40代ってもっと大人だと思っていたのに、実際にアラフォーに近づいてみると全然違うなぁ。こんな感じで歳だけ進んでいくんだろうなぁ、と感じるんですが、その感覚が体現されているのがこの漫画じゃないかなぁ、と思います。

ヨルムンガンド 1〜10巻

天才武器商人の女の子・ココと元少年兵ヨナをはじめとする傭兵たちが、紛争地帯を渡り歩くガンアクション漫画。読むの何度目だー!と思いつつまた読んでしまった。何度読んでも好きです。 この漫画の面白さはなんだろうと考えると、登場する女性がみんな賢くて強くてカッコイイところでしょうか。ヨナのかわいさも魅力のひとつ。あとは10巻完結とは思えないストーリーの濃さ。結構頭使って読まないと理解できないので、結果、何度も読んでいる気がします。

コウノドリ 1〜2巻

産婦人科の話。ドラマの方を観たので、いまさら同じ話を読むのもなぁ…と思っていたのですが、漫画とドラマはところどころしか被っていないんですね。なので、こちらはこちらで最初から楽しめました。鴻鳥先生がドラマより3枚目w

ゴールデンカムイ 1巻

半年くらい積読本にしていて、ついに読んだぜー!!!まず1巻。 断片的な情報で「軍人」「歴史物」「アイヌ」「料理」「めっちゃ面白い」というのを見聞きしていたので、「軍人がアイヌ料理を作る面白い漫画」だと勝手に思っていたんですが、全然違った。おもいっきり違った。 北海道の各地に散らばった暗号を集めて、隠されたアイヌの金塊を探しだすという、まさに「ゴールデンカムイ」だった。 グロいけど最初から面白い!

今回はちょっと少なめですが、以上です。